コラム

コロナ禍であらわになった「バックオフィス業務の無駄」の 解決方法、お伝えします!

☑在宅勤務の推奨でバックオフィス業務の効率が低下している。 ☑そもそもバックオフィス業務の在り方が出社することを前提としている。 ☑ルーチンワークに追われて、業務改善まで手が回らない。   『バックオフィス』とは ビジネスの世界でカタカナが使われる際、『パワハラ』などの和製英語が多くありますが、『バックオフィス』は、英語が語源です。企業内で経理・人事・購買などの基幹業務を行
続きを読む >>

コロナ対策!テレワークの状況で社内のバックオフィス業務を生産性高く実施していくポイントとは?

☑紙ベースで書類を管理していてテレワークが難しい。 ☑会計ソフトが自宅で使用しているPCにインストールされていない。 ☑コミュニケーションを取ることが難しい。 新型コロナウィルスの影響により、テレワークが推奨されていますが、業種や業務内容によってはテレワークでは生産性に支障をきたすといったことがあります。 今回は、経理財務業務において、テレワークで生産性を高める3つのポイントをご紹介し
続きを読む >>

コミュニケーションにおいて煩わしさを感じたことはありませんか?チャットツールの活用でコミュニケーションの効率化を図りましょう!

☑相手の状況が分からないので電話をかけづらい。 ☑メールでのコミュニケーションは手間がかかる。 ☑チャットツールを導入したいがメリット・デメリットが分からず不安を感じる。 働き方改革の推進、新型コロナウィルス感染症拡大の影響により、テレワークが進む中、コミュニケーションに煩わしさを感じている方も多いのではないでしょうか?一方、『アフターコロナ』においてもテレワークを原則化した企業も出てき
続きを読む >>

注意!会社が倒産しても納税義務はあります。

☑そもそも倒産の定義が分からない。 ☑倒産時の法人納税義務はどうなる? ☑倒産時の経営者の納税義務はどうなる? 会社は存続することが目的です。法人破産した後に再起を図り、見事復活を遂げた人も少なからずいます。業績の悪化で経営困難に陥った場合は、さまざまな道を模索してみることをおすすめします。 しかしながら、万が一、会社が「倒産」となってしまった際でも、納税義務はありますので注意が必要で
続きを読む >>

『申告漏れ』、『所得隠し』、『脱税』の違いとは?

2019年10月、お笑いコンビ・チュートリアルの徳井義実さんが設立した個人会社・株式会社チューリップが、3年間にわたって得た所得を税務申告せず、国税局からおよそ1億1,800万円もの『申告漏れ』を指摘されました 徳井さんは、修正申告を行い、活動を自粛するなど対応はしたものの、SNS上で「脱税ではないか」「なぜ逮捕されないのか?」といった厳しい内容が炎上しました。 今回は、『申告漏れ』、『所
続きを読む >>

経理の人材不足問題はAIで解決できるのか?を検証

☑経理担当者が突然退職して困っている。 ☑経理業務の人手が不足して困っている。 ☑経理担当者を新たに採用したいが思うような人材が見つからない。 経理の人材不足問題の解決策として最近期待されているのが、AIの活用です。 今回は、その可能性について検証してみたいと思います。   AIにできること AIとは、話す、判断する、認識する、推測するなどの、人の知的な活動を自動化する
続きを読む >>

税務調査で無用な疑念を持たれないようにするためには『人件費』に注意!

なぜ人件費は税務調査で必ず調べられるのか? 特に、中小企業において、所得隠しや裏金づくりのため、実際にはないアルバイトなどの勤務を、架空の人件費として計上することが、脱税手法として行われがちだということがあります。 そこで、税務調査では、人件費に不正がないかを必ず調べられます。 そもそも不正を行わないことが大前提ですが、税務調査が入った際、不正がないことを証明できるようにしておくこと、ま
続きを読む >>

クラウド会計の導入で経理人材不足の問題を解消するには

経理担当者の人材不足問題 昨今、メディアでも取り上げられているように、高齢化社会により年々労働力の不足が問題となっています。   【2030年の日本の労働市場の予測】 労働需要:7,073万人>労働供給:6,429万人 労働力不足は、644万人に及ぶと推測されています。  ※引用:パーソル総合研究所・中央大学「労働市場の未来推計2030」   経理の人材不足
続きを読む >>

交通違反の経理処理はどのようにしたらよいか?

業務中の交通違反の経理処理 業務を遂行する上で、駐車違反やスピード違反などの交通違反は起こらない方が望ましいですが、万が一起きてしまった際の経理処理はどのようにすればよいか、お困りではないでしょうか? その場合の経理処理は、状況によって異なり、大きく分けて以下の3パターンがあります。 ①法人の場合で、業務遂行中に課されてもの ②法人の場合で、業務遂行に関連しないもの ③個人事
続きを読む >>

被災時に頼りになる 災害復旧貸付制度や返済条件の緩和とは?

異常気象により、深刻な被害が出ている昨今ですが、今回は災害に備えて、被災時には企業としてどのような支援が受けられるのかご紹介したいと思います。 災害復旧貸付制度で借りられる金額と貸付期限は? 災害救助法(昭和22年10月18日法律第118号)では、被災者だけでなく、被災した企業に対しても、一日も早く経営が再開できるように、さまざまな取り組みが行われています。 日本政策金融公庫は、『平成3
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
お気軽にご相談下さい 無料相談のご予約はこちら 0120-915-307 受付時間 10時~18時(平日)
随時更新中です!是非ご覧ください お客様の声はこちら

日本橋 記帳·経理代行サービスの8つの強み

ベンチャー企業を積極応援 経営と会計のWIN-WINをご提案

当社は、会計·税務業務を通じて経営の意思決定に役に立つ有益な経営情報を経営者の皆様にお届けする会計事務所を目指しております。

すべて丸投げOK 領収書整理から代行

領収書、請求書はそのままお持ちください。
弊社の経理·記帳専門スタッフが領収書整理から経理·記帳をお手伝いします。

高品質サービス 税理士チェックによる安心品質

経理·会計のプロである当社の提携税理士が記帳·経理をチェックいたしますので、専門家ならではの高品質な経理サービスを担保致します。

クラウド会計導入 最新のクラウド会計にも対応

当社は、「MFクラウド会計」など話題のクラウド会計にも対応しています。豊富な経験と実績より、クラウド会計の導入をご検討されている方から、実際に運用されている方の経理までサポートしています!

銀行融資にも対応! 高品質の決算書作成

当社の経理記帳代行サービスは、会計の専門家でもある税理士と提携していますので銀行融資にしっかり対応しております。金融機関への提出書類の内容確認や事業計画等のサポートも承ります。

豊富な実績多数 幅広い業種・規模に対応

当社がこれまでに経理·記帳をサポートさせていただいたお客様は多岐に渡っており、経理·記帳経験豊富なスタッフが揃っています。
規模·業種に関わらず安心してご相談ください。

税理士×海外MBA 経営支援までトータルでサポート

当社の代表は米国の大学院にてMBAを取得し、有名外資系企業の経営企画室や財務·経理部に勤務経験と実績をもとに、御社の事業計画の策定など経営をトータルで支援いたします。

アクセス抜群 日比谷線人形町駅徒歩2分

当社は日比谷線人形町駅をはじめ、主要路線の駅から徒歩圏内と好立地です。ぜひお気軽にお越しくださいませ。