コラム

減価償却をマネーフォワードで行うメリットとは?

減価償却処理の効率化を図るには? 決算の際に行う、減価償却費の計算は面倒かと思います。 これをクラウド型会計ソフトを導入することで、大幅に効率化することができます。 今回は、減価償却の基本的な考え方を紹介しながら、クラウド型会計ソフトでどのように効率化できるかお伝えしたいと思います。 そもそも減価償却とは? 数年にわたって使用する設備や建物、またパソコンといった機器は、購入した際に、経費
続きを読む >>

クラウド勤怠管理システムを使用して給与計算作業を効率化!

給与計算の現状 給与計算は、従業員がいれば毎月発生するルーティンワークです。 一方、以下のような手間が発生しています。 1.勤怠データの確認と集計(打刻内容との一致) 2.法律や就業規則に基づいた残業代の計算 3.上記と基本給を踏まえた総支給額の計算 4.税金、社会保険料、その他の控除額の計算 5.手取り額の決定(総支給額から控除額の差し引き) そこに間違えや遅れがあれば、会社
続きを読む >>

通費精算をクラウド化するメリットとは?

経理における交通費精算の課題とは? インバウンドを狙ったマーケティング手法が中心となっている一方、新規顧客獲得において、自ら見込み客や顧客の元に足を運ぶ営業活動の重要性はまだ高いです。 そこで当然発生するのが、交通費です。 営業パーソンの多くが、日々処理するのは面倒で、月末にまとめて処理しているのではないでしょうか? また、経理担当者にとっても、営業担当者に細かく確認をとることは面倒と
続きを読む >>

freeeとMFクラウド会計、機能の違いは?

  freeeとMFクラウド会計について freeeとMFクラウド会計、クラウド会計会計の2大巨頭と言えます。 ともに個人事業主や、スタートアップ企業に人気の会計ソフトですが、どちらを選んだらよいか悩まれている人も多いかと思います。 当会計事務所でも、相談を受けることが多くなって来ました。 今回は、機能面、入力のしやすさ、価格の3つから検証してみたいと思います。 クラウド
続きを読む >>

税額控除メリットあり!平成30年度税制改正による所得拡大促進税制の変更を解説

所得拡大推進税制の概要と目的 所得拡大推進税制とは、従業員への給与等の支給総額を前年度より増加させた場合、増加した雇用者支給額の一定割合を法人税額・所得税から控除できる制度です。 その目的は社員の賃上げを図ることで、個人の所得を拡大させ消費を促進することで景気の向上を図ることにあります。 今回の平成30年度の改正では、経済の活性化をさらに強化するため支援措置が追加されました。 主な改正内容
続きを読む >>

今更聞けない、社債のメリットと注意点とは?

資金調達としての社債発行 資金調達は、事業の拡大において、必要不可欠です。資金調達の方法としては、以下の3つがあります。 1.負債を増やす 2.資本を増やす 3.既存の資産を現金化する 社債発行は、そのうちの「負債を増やす」にあたります。今回は、社債のメリットと注意点を紹介したいと思います。 そもそも社債とは? 社債は、発行することで投資家から資金を集め、定められた期間利
続きを読む >>

AIは経理をどう変えるか?を検証!

AIによる経理の変化 2020年までに、IoT化が進み、すべての機器がインターネットにつながると言われています。 それによりデータ入力作業はなくなると言われています。 例えば、AIを使った経理システムが開発されたとします。 AIは、経費精算や支払請求をスキャンしてデータ化するだけでなく、様々なパターンの仕訳をしてくれます。 最初はAIも分からない仕訳があり、人間が教えることが必要です
続きを読む >>

経理精算の不正事例と対策方法を伝授!

なぜ経費精算の不正が起きるのか? 本来経費精算不正はあってはならないものですが、以下のような理由から起こりかねません。 ・少しでも得をしたいという社員がいる。 ・会社の経理担当者も黙認する風習がある。 ・社内でのシステム化したチェック機能がない。 経費精算の不正を無くすために経理に求められていることとは? 経費精算の不正を無くすためにはまずは経理部でチェック機能を徹底し、申請内容の
続きを読む >>

IT導入補助金とは?その活かし方とは?を検証。

そもそも補助金とは? 事業者の方達が目的を達成するために国の政策がありますが、補助金とは中でも、事業目標を達成するにあたり、施策を実施するサポートをするために給付するお金のことを言います。 (参照:IT導入補助金) 補助金には、様々な種類がありますが、今日は中でもIT導入補助金について解説したいと思います。 IT導入補助金の目的とは? 中小企業は大企業に比べ資金調達が難しくITのイン
続きを読む >>

今更聞けない財務会計、管理会計の違いとは?

財務会計とは? 財務会計は、主に2つの目的があります。 ①ステークホルダーへの情報開示:経営状態を株主、債権者、取引先、仕入先などの外部の関係者、すなわちステークホルダーに報告することを目的に作成されます。 報告するための資料は決算書であり、その中には、損益計算書、貸借対照表などがあります。 ②株主との利害調整:経営陣は株主からその会社の経営を任され利益を最大化する義務がありますが、自
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
お気軽にご相談下さい 無料相談のご予約はこちら 0120-915-307 受付時間 10時~18時(平日)
随時更新中です!是非ご覧ください お客様の声はこちら

日本橋 記帳·経理代行サービスの8つの強み

ベンチャー企業を積極応援 経営と会計のWIN-WINをご提案

当社は、会計·税務業務を通じて経営の意思決定に役に立つ有益な経営情報を経営者の皆様にお届けする会計事務所を目指しております。

すべて丸投げOK 領収書整理から代行

領収書、請求書はそのままお持ちください。
弊社の経理·記帳専門スタッフが領収書整理から経理·記帳をお手伝いします。

高品質サービス 税理士チェックによる安心品質

経理·会計のプロである当社の提携税理士が記帳·経理をチェックいたしますので、専門家ならではの高品質な経理サービスを担保致します。

クラウド会計導入 最新のクラウド会計にも対応

当社は、「MFクラウド会計」など話題のクラウド会計にも対応しています。豊富な経験と実績より、クラウド会計の導入をご検討されている方から、実際に運用されている方の経理までサポートしています!

銀行融資にも対応! 高品質の決算書作成

当社の経理記帳代行サービスは、会計の専門家でもある税理士と提携していますので銀行融資にしっかり対応しております。金融機関への提出書類の内容確認や事業計画等のサポートも承ります。

豊富な実績多数 幅広い業種・規模に対応

当社がこれまでに経理·記帳をサポートさせていただいたお客様は多岐に渡っており、経理·記帳経験豊富なスタッフが揃っています。
規模·業種に関わらず安心してご相談ください。

税理士×海外MBA 経営支援までトータルでサポート

当社の代表は米国の大学院にてMBAを取得し、有名外資系企業の経営企画室や財務·経理部に勤務経験と実績をもとに、御社の事業計画の策定など経営をトータルで支援いたします。

アクセス抜群 日比谷線人形町駅徒歩2分

当社は日比谷線人形町駅をはじめ、主要路線の駅から徒歩圏内と好立地です。ぜひお気軽にお越しくださいませ。