コラム

消費税増税に伴う『軽減税率制度』で企業負担を減らす補助金とは?

軽減税率とは ご存知のように令和元年10月1日から、消費税及び地方消費税の税率が8%から10%に引き上げられます。 一般消費者、特に低所得者への生活への負担が懸念される中、生活必需品とも言える、食品表示法に規定する食品(酒類を除く)に関しては、増税の対象にならず8%の増税対象品目に関しては、消費税の軽減税率制度が実施されます。 またテイクアウトや宅配等は、軽減税率の対象となりますが、外食
続きを読む >>

経理における人手不足の解消方法とは?

人手不足解消には生産性を向上 昨今、メディアでも取り上げられているように、高齢化社会により年々労働力の不足が問題となっています。 2030年には、日本の労働需要が7,073万人、それに対して労働供給は6,429万人になると言われており、その差は644万人に及ぶと推測されています。 ※引用:パーソル総合研究所・中央大学「労働市場の未来推計2030」 人手不足解消の解決策の一つに、生産性を上
続きを読む >>

研究開発税制の見直しは、企業にどんな影響をもたらす?

研究開発税制とは? 研究開発税制とは、製品やサービスの開発を行っている企業を対象として、研究に費やされた費用の一部を法人税から控除するという制度です。 研究開発税制とは、研究や開発に投資をすると法人税が控除されるという制度で、国としての成長力と競争力の向上を目的として、企業の研究開発を支援するものです。 大きく分けて基礎研究、応用研究、開発研究の3つがあります。 研究開発税制の見直しで
続きを読む >>

申告税額を間違えたときの対処法とは

申告税額を払い過ぎたときは更正の請求ができる 個人事業主として確定申告をして納税額のお知らせが届いた際に、税金が高すぎると感じたことはありませんか? 過大な税額で申告を行い、申告期限後にそのことに気づいた場合、申告書に記載された税額の減額を求める『更正の請求』で提出し直すことができます。 今回は、納めた税金が戻ってくる可能性もある、この手続きについてご紹介します。 『更正の請求』は
続きを読む >>

『使途不明金』と『使途秘匿金』、認定を未然に防ぐ方法とは?

『使途不明金』とは? 企業では、仕事を得る根回しや契約を取りつけるために、謝礼、リベート、献金などが必要になってくる場合があります。 その際、それらの支出に関しては、領収書を発行してもらえませんし、そのまま会社の会計報告書に載せることもできません。 このような、支払先や金額はわかっていても、使い道を明かすことができない支出を『使途不明金』といいます。 また、たとえ領収書があっても、
続きを読む >>

中小企業、経理担当者必見!期間延長された場合に税金の優遇措置あり

平成31年度税制改正の目的とは? 2018年末に公表された平成31年度税制改正では、設備投資のための税制、法人税率の特例などの制度が延長されることに決まりました。この税制改正において、中小企業の経営者が最も注目したのが、『法人税率の特例の延長』ではないでしょうか。 今回は、中小企業の経営者や経理担当であれば知っておきたい『税金の優遇制度の延長』について、ご紹介します。 税制改正で中小
続きを読む >>

経理担当者が退職した際の対策とは?

経理担当者はなぜ人手不足なのか? 最近、弊社に「経理担当者が急に退職してしまって困っている」というご相談をよく頂きます。 中小企業の経営者様から、全てを一任していた経理担当が辞めてしまったというご相談もあれば、大企業で複数名の経理担当者がいる中の主要メンバーが辞めてしまったという場合もあります。 どちらも共通して言えるのは、後任の正社員採用が非常に難しいということです。 経理人材が不足
続きを読む >>

今更聞けない事業承継税制の改正、平成30年に何が変わったのか?

事業者免税点制度とは? 『事業者免税点制度』とは、新規開業した個人事業主、及び法人を対象に、開業後2年間は消費税の納税が免税される制度のことを言います。 この制度は、開業する際の税負担を考慮して設けられているものです。 また、平成21年より個人事業主で先代から事業を引き継いだ後継者に対しても適応されるようになりました。 また昨年平成30年度の税制改正で、10年間の特例措置として、以下の拡充
続きを読む >>

購入した本は、どこまで『新聞図書費』になるか?

新聞図書費の定義とは? 新聞図書費は、従業員の専門知識や業界知識を得るために活用されるべきもので、成長につながる“必要経費”として処理されます。 しかしながら、すべての書籍が経費として計上できるわけではないので注意が必要です。 今回は、勘違いしやすい新聞図書費の概要や、経費計上の際の注意点などをご説明します。 新聞図書費は事業に関係あるものだけ 人材不足が多くの企業の悩みとなり、また
続きを読む >>

本社機能の地方移転で受けられる税金の優遇措置とは?

『地方拠点強化税制』とは? 『地方拠点強化税制』とは、大都市圏から地方へ本社機能を移転すると、税金の優遇措置が受けられる制度です。 大企業のほとんどが首都圏に集中している状態を是正し、地方の雇用を促進することを目的として創設されました。 これに伴い、各地方自治体は優良企業を県内に誘致する取り組みの実施を開始しました。 移転企業に対し、法人事業税の減額などを提示しています。 新潟県の
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
お気軽にご相談下さい 無料相談のご予約はこちら 0120-915-307 受付時間 10時~18時(平日)
随時更新中です!是非ご覧ください お客様の声はこちら

日本橋 記帳·経理代行サービスの8つの強み

ベンチャー企業を積極応援 経営と会計のWIN-WINをご提案

当社は、会計·税務業務を通じて経営の意思決定に役に立つ有益な経営情報を経営者の皆様にお届けする会計事務所を目指しております。

すべて丸投げOK 領収書整理から代行

領収書、請求書はそのままお持ちください。
弊社の経理·記帳専門スタッフが領収書整理から経理·記帳をお手伝いします。

高品質サービス 税理士チェックによる安心品質

経理·会計のプロである当社の提携税理士が記帳·経理をチェックいたしますので、専門家ならではの高品質な経理サービスを担保致します。

クラウド会計導入 最新のクラウド会計にも対応

当社は、「MFクラウド会計」など話題のクラウド会計にも対応しています。豊富な経験と実績より、クラウド会計の導入をご検討されている方から、実際に運用されている方の経理までサポートしています!

銀行融資にも対応! 高品質の決算書作成

当社の経理記帳代行サービスは、会計の専門家でもある税理士と提携していますので銀行融資にしっかり対応しております。金融機関への提出書類の内容確認や事業計画等のサポートも承ります。

豊富な実績多数 幅広い業種・規模に対応

当社がこれまでに経理·記帳をサポートさせていただいたお客様は多岐に渡っており、経理·記帳経験豊富なスタッフが揃っています。
規模·業種に関わらず安心してご相談ください。

税理士×海外MBA 経営支援までトータルでサポート

当社の代表は米国の大学院にてMBAを取得し、有名外資系企業の経営企画室や財務·経理部に勤務経験と実績をもとに、御社の事業計画の策定など経営をトータルで支援いたします。

アクセス抜群 日比谷線人形町駅徒歩2分

当社は日比谷線人形町駅をはじめ、主要路線の駅から徒歩圏内と好立地です。ぜひお気軽にお越しくださいませ。