初回無料相談

お問い合わせ

0120-915-307

受付・営業時間
10:00~18:00 (平日)

コラム

2019.06.17
経理における人手不足の解消方法とは?

IOT

人手不足解消には生産性を向上

昨今、メディアでも取り上げられているように、高齢化社会により年々労働力の不足が問題となっています。

2030年には、日本の労働需要が7,073万人、それに対して労働供給は6,429万人になると言われており、その差は644万人に及ぶと推測されています。 ※引用:パーソル総合研究所・中央大学「労働市場の未来推計2030」

人手不足解消の解決策の一つに、生産性を上げるということがあります。

そこで、今後様々な業務をアウトソーシングし効率化を図ることが求められて行くと言えます。

経理業務にも、生産性向上が求められており、クラウド会計と業務のアウトソーシングにより大幅な効率化が図れると言えます。

失敗しないクラウド会計の導入方法

クラウド会計とは、ブラウザでログインして会計処理を行うシステムです。よって、パソコンにプログラムをインストールする必要がなくネット環境があれば、場所と時間を選ばず会計処理を行うことができます。

しかしながら、クラウド会計の導入には、自社の業務に合わせた導入方法が重要です。

弊社では、ITに精通した経理のプロがクラウドツール導入支援を行っています。

・バックオフィス業務の生産性を上げたい。

・経理担当者が辞めて困っている。

・社員に経理内容を知られたくない。

・経理のコストをおさえたい。

・経理は一人だが、もうひとり雇うほどでもない。

・辞めたときのリスクヘッジもしたい。

・部分的に担当してほしい。

このようなお悩みがございましたら中央区 日本橋 記帳・経理代行サービスに是非お気軽にご相談ください

中央区 日本橋 経理代行サービスのご案内

貴社で記帳業務を含めた日々の経理業務でお困りではないでしょうか?

当社では「本業に集中にしたい!」「正確な財務情報がほしい!」「間接部門のコストカットをしたい!」といった経営者の方のご要望にお応えいたします!まずは無料のご相談をご活用ください。

また、中央区 日本橋 経理代行サービスはこちらより詳細をご確認いただけます。

この記事を担当した税理士
サイバークルー会計事務所 代表 横山 禎一(よこやま ていいち)
保有資格1961年、愛知県に生まれる。1985年同志社大学卒業後、大手化学メーカーに勤務。 退社後、1993年に米国のジョージ・ワシントン大学にてMBAを取得。帰国後、外資系企業の経営企画室や財務・経理部に勤務しながら、筑波大学大学院で修士法学取得。2000年に日米合弁のITベンチャーの立上げに加わり、10数億円の資金を集めIPOを目指したが、2003年に倒産。 この経験から、会社の倒産を防ぐ税理士・行政書士事務所を設立。起業希望者や起業家をサポートする「日本起業家倶楽部」を立上げ、創業スクールやセミナー・交流会などを主催している。
専門分野税理士、行政書士、MBA
経歴経理体制構築、経営計画サポート
専門家紹介はこちら
貴社の経理・労務のお悩み、お聞かせください!

0120-915-307

受付時間:10:00~18:00 (平日)

弊社のサービスの4つの特徴

中小企業の経理を徹底改善

経理のサポートに特化した実績

「本業に専念したい経営者を支えたい…!」
そうした思いでサポートしてきた結果、
多くのお客様より温かいお言葉を頂戴しており、多くの実績が出ています

経理サポートメニューsupport menu
弊社サービスのご利用の流れ
お問い合わせはこちらへ

最新コラムcolumn

- 経理・労務でお悩みの経営者へ -
バックオフィス業務の改善に役立つノウハウ情報をお伝えします!

もっと見る
PAGETOP