初回無料相談

お問い合わせ

0120-915-307

受付・営業時間
10:00~18:00 (平日)

コラム

2017.12.06
資金繰りとは?

資金繰りの意味

まず資金繰りとは、会社に入ってくるお金と、出ていくお金の管理を行い資金の流れを把握することです。

黒字倒産」あるいは「勘定あって銭足らず」という言葉がありますが、これは、全体としては利益が出ているのですが、実際の支払をするときに資金(またはキャッシュ)が足りずに倒産してしまうようなケースを言います。

したがって、先手先手を打って常に資金を支払に間に合わせていくことは、そのような状況を回避するために非常に重要であり、会社経営の要のひとつでもあります。

資金繰りの基本

まず最初の取り組みとして、支出の予定をすべて洗い出し、資金繰り表を作成することです。責任者が急な金策に走り回ってばかりいるようなことは避けなければなりません。

売上があっても、利益があっても、資金がショートすれば会社を存続させていくことは困難になります。また、資金繰り表は、銀行からの融資を受ける場合に提出を要求されることの多いものです。

資金繰り表の作成

日次、月次、3ヵ月、6ヵ月、年次など、表の形式にはいろいろありますが、初めてであればまずは1ヵ月のもの、そして3ヵ月のものを作成してみましょう。前月、当月の実績と現金や預貯金の残高をベースに、入金と出金を予測して集計をします。

入金の例では、現金売上、売掛金の入金、受取手形の入金などがあります。一方、出金の例では、現金仕入、買掛金や未払金の支払、支払手形の決済、諸経費、税金の納付などがあります。表の上ではプラスであっても現実ではマイナスとなってしまうことがないように、シビアな予測を心がけましょう。

資金繰り悪化の原因

資金繰りが悪化する原因には、以下が考えられます。

[キャッシュ・インの減少]
・売上の減少
・費用の増加
・売掛債権の回収遅れ

[キャッシュ・アウトの増加]
・過大増加
・過剰な設備投資
・過大な不良資産
・仕入債務の早期支払
・前払金、貸付金、仮払金の増加
・借入金早期返済

理想的な資金繰りのために

入って来るお金を増やすには、営業投資が欠かせません。また営業キャッシュフロー範囲内で投資を行うことで、キャッシュフローをプラスに保つことが重要です。

理想的な資金繰りを行うためには、会計担当者や営業担当者、会計士や顧問税理士に任せきりにせず、経営者自らが、真剣に資金繰りに取り組むことが必要になります。

中央区 日本橋 経理代行サービスのご案内

貴社で記帳業務を含めた日々の経理業務でお困りではないでしょうか?

当社では「本業に集中にしたい!」「正確な財務情報がほしい!」「間接部門のコストカットをしたい!」といった経営者の方のご要望にお応えいたします!まずは無料のご相談をご活用ください。

また、中央区 日本橋 経理代行サービスはこちらより詳細をご確認いただけます。

この記事を担当した税理士
サイバークルー会計事務所 代表 横山 禎一(よこやま ていいち)
保有資格1961年、愛知県に生まれる。1985年同志社大学卒業後、大手化学メーカーに勤務。 退社後、1993年に米国のジョージ・ワシントン大学にてMBAを取得。帰国後、外資系企業の経営企画室や財務・経理部に勤務しながら、筑波大学大学院で修士法学取得。2000年に日米合弁のITベンチャーの立上げに加わり、10数億円の資金を集めIPOを目指したが、2003年に倒産。 この経験から、会社の倒産を防ぐ税理士・行政書士事務所を設立。起業希望者や起業家をサポートする「日本起業家倶楽部」を立上げ、創業スクールやセミナー・交流会などを主催している。
専門分野税理士、行政書士、MBA
経歴経理体制構築、経営計画サポート
専門家紹介はこちら
貴社の経理・労務のお悩み、お聞かせください!

0120-915-307

受付時間:10:00~18:00 (平日)

弊社のサービスの4つの特徴

中小企業の経理を徹底改善

経理のサポートに特化した実績

「本業に専念したい経営者を支えたい…!」
そうした思いでサポートしてきた結果、
多くのお客様より温かいお言葉を頂戴しており、多くの実績が出ています

経理サポートメニューsupport menu
弊社サービスのご利用の流れ
お問い合わせはこちらへ

最新コラムcolumn

- 経理・労務でお悩みの経営者へ -
バックオフィス業務の改善に役立つノウハウ情報をお伝えします!

もっと見る
PAGETOP